競馬予想システム開発の中で見つけた的中率と回収率が同時上昇したファクター

競馬予想システムを開発していたころは400~500時間ほどかけて、回収率を100%を超えるためにはどんなファクターを予想に取り入れればいいのかをひたすらシミュレーションしていました。

一般的に競馬予想における一般的な予想ファクターとしては、走破タイム、調教タイム、展開、馬場適正、コース適正、脚質、血統などがあります。

しかしそのほとんどのファクターが、的中率と回収率のトレードオフの関係を抜け出すことができませんでした。

※的中率と回収率のトレードオフの関係とは、基本的に的中率を上げようとすれば回収率は下がる、回収率を上げようとすれば的中率は下がるという現象のことです。要は人気の馬を買うようにすると当たりやすい(的中率上昇)代わりに払い戻しが少ない(回収率低下)、逆に穴馬ばかりを買うとほとんど当たらない(的中率低下)代わりに、そこそこ当たると大きく儲かる(回収率上昇)の関係ことです

これはある意味競馬の、パリミューチュエル方式の宿命なのかもしれませんが、その中でもただ一つだけ的中率、回収率の同時上昇を何度か達成したファクターがあります。

それは斤量です。

ハンデ戦やセックスアローワンスによって、レースによっては馬ごとに負担重量が大きく異なります。

その斤量有利分を補正せずに予想した場合と、補正をきちんとして予想した場合では的中率、回収率に大きな違いが出ました。

もう少し具体的に説明すると、私が開発した競馬予想システムのベースファクターはスピード指数で、スピード指数には斤量補正が含まれています。

※スピード指数とはあるレースのある馬の走破タイムの速さに対して、馬場状態、斤量、コース固有のタイムの出やすさ、ペースなどを考慮して、そのパフォーマンスを数値化したものです。国内で有名なスピード指数には西田式やタイムフィルターなどがあります。
わたしはさまざまなアプローチのスピード指数を実際に作ってみてシミュレーションしてみたのですが、そのすべてのスピード指数で斤量補正あるなしでは、的中率、回収率に大きな違いが出ました。

以上から、斤量こそ最高のファクターであるとはいいませんが、それでも競馬新聞などを見て予想する際は斤量の欄を必ず目を通しておくといいことがあるかもしれません。

もうすぐ夏競馬も始まりますが、夏競馬のハンデ戦などで3歳に極端にハンデがつけられているケースなどは実は狙い目だったりします。

(ただハンデ戦全体でみると、トップハンデの馬に賭け続けたほうが回収率は良いという結果もあるので斤量有利=好材料を完全に鵜呑みにしないほうがいいかもしれません)