カテゴリー: 競馬ブログ

回収率を上げるために思いついた馬券法、「コバンザメ」

2016年安田記念はロゴタイプが皐月賞以来の勝利と、個人的には大盛り上がりの結果となりました。

ちなみに自分はロゴタイプを去年のダート参戦&敗戦で、もはや苦しいと判断していて、買っても3着付け程度の認識でした。

しかし昨年の金杯からちょくちょく重賞で勝負が出来ていたことを考えると、ノーマークというのは少し軽率だったのかもしれません。

特にロゴタイプは前目から行ける馬なので、展開次第では一発も起こせる逃げもありうると考えていたならば、もしかしたらと思いますが・・・やはり私は買わないと思います。

ではどうすればロゴタイプのような馬を1着付けでとれるのか考えた結果、今回お話しするお気に入りの馬をコバンザメとなります。

たぶんすでに同じ手法が出回っている気がしないでもないですが、書きます。

これはただ単純にこの馬はすごい!と思った馬を、その後どんなに惨敗し続けても単勝で同じ金額を買い続ける馬券法です。

ちなみにロゴタイプが2歳王者になった次のレースから、この戦法で単勝を買っていた場合

(2013皐月賞3.7倍 + 2016安田記念36.9倍) / 18戦 = 回収率約225%になります。

さらにこの方法はオルフェーブルやディープインパクトといった大人気した馬で、皐月賞後にこの戦法で単勝を買い続けたとしても、回収率は100%以上になります(海外のレースは計算から除外)。

これは行けるのでは?と思い、ためしに2011~2015年のクラシック勝馬が初めてクラシックを獲得して以降の単勝回収率を計算してみました。

※2016年6月12日時点のデータです。なお国内で投票できないレースについては計算から除外しています。

馬名回収率
キタサンブラック150%
ドゥラメンテ133%
ミッキークイーン60%
レッツゴードンキ0%
トーホージャッカル0%
ワンアンドオンリー13%
イスラボニータ12%
ショウナンパンドラ187%
ヌーヴォレコルト80%
ハープスター93%
エピファネイア223%
キズナ93%
ロゴタイプ225%
メイショウマンボ48%
アユサン0%
ディープブリランテ
ゴールドシップ100%
ジェンティルドンナ215%
オルフェーブル143%
アヴェンチュラ0%
エリンコート0%
マルセリーナ69%

結局、ある程度の目利きと、いい具合に軽視されるレースが必要といった結果になりました。

この馬券法の良い点は思い入れのある馬をひたすら応援し続けるという、競馬の醍醐味を深く味わえる点ですかね。

もっとも、あまりお気に入りを増やしすぎると、次走を調べるだけで疲れそうですが。

おすすめ記事

回収率を上げたいのであれば、競馬新聞、競馬サイトを見ないほうがいい

わたしたちは予想をするレースの有力馬はどの馬かを調べるのにあたって、ネットの競馬サイトや競馬新聞、グリーンチャンネルの情報などを活用します。

そして、ライトな競馬ファンや下手の横好きファン(私含む)は、ついつい競馬メディアが打つ、「世代最強」だの「怪物級」だのだのという大層な見出しに釣られて、ついついその馬たちを馬券の軸へと入れてしまいます。

このように神輿を担がれた馬は、なんだかんだでしっかりと勝ち切る、あるいは2着に来たりすることも多いので、そう簡単には軸からは外しずらいものがあります。

しかしこういった馬は一番人気やそれに近い人気が当たり前で、馬券の軸に入れてしまうと、ほとんどの買い目が1番人気の馬券を買い続けるのと近い状況が発生してしまいます。

以前7年分のデータを使って、1番人気の馬で買い続けるシミュレーションをしたことがありますが、その結果は的中率が約30%、回収率が約75%という散々なものでした。

つまり有力馬を軸に買い続けるということは、馬券をトータルで100万円買っている人は手元に75万円しか返ってこない、つまりマイナス25万円となってしまうといった状況に、どんどん近づけてしまっているということをあらわしています。

結局こういったことが起こらないようにするには、各種競馬メディアの予想に一切頼らずに、まずは自分だけで予想するのがオススメです。

もちろん自分だけで予想したとしても、ほとんどの場合それは他の人の予想と被って低配当となってしまいます。

そういった場合は基本的にそのレースを見送るようにして、逆に自分の予想が思いのほか高配当がつく場合にのみ勝負するようにします。

こうすることによって、少なくとも一番人気の回収率からは遠ざかることができます。

なおこの方法は予想の上手さが必須となる方法で、馬券があまりうまくない人は本命を買い続けるよりも回収率が低くなるので注意が必要です。

ちなみに私はこの手法で、数百万単位のマイナスを出しました。


(FXコピペ好き)


おすすめ記事

繁殖馬の全産駒の過去3年間の競争成績を元にした産駒能力ランキング